GMOクリック証券CFDの体験談【デメリットもつつみ隠さずお話しします】

GMOクリック証券でCFDをはじめようか迷っている人

GMOクリック証券でCFDをはじめてみたい。でもその前に、実際にやってる人の体験談を聞いてから判断したいな。

ほま

こんな疑問に答えるため、ぼくの体験談をお話しします。

本記事の内容

  • GMOクリック証券CFDの体験談をお話しします
  • GMOクリック証券CFDのデメリット2つとメリット5つ【体験談】
  • 【たった1分】自動売買に近い設定ができます
  • 【カンタン】口座開設はたったの3ステップ

早くはじめるほど有利。 

だって時間を味方にできるから。 

それが投資。 

GMOクリック証券でCFDをはじめたいあなたの頭の中には、「やってる人の体験談を聞きたい。実際のところどうなの?」という悩みがありますよね。 

そこで今回は、実際にGMOクリック証券でCFDを運用しているぼくが、体験談をお伝えします。 

ぼくは、株価指数や商品CFDを運用し、いまのところ+90万円の利益です。 

デメリットも、つつみ隠さずお話しします。 

最後までお読みいただければ、「実際やってる人の、生の声が聞けて良かった。」と思ってもらえることでしょう。 

ぜひ、最後までお読みください。 

※少額から投資できて、銘柄が多いGMOクリック証券は、CFD国内シェアNo.1。こだわりがないなら、GMOクリック証券でCFDをはじめてみるのがおススメです。CFDで月10万円以上稼げるようになれば、「あぁ…いつ会社を辞めても、生活できそうだな。」と思えるようになります。

>>「画像つき GMOクリック証券の口座開設のやりかた」はコチラ

この記事を書いているぼく

目次

GMOクリック証券CFDの体験談をお話しします

2020年6月下旬から、GMOクリック証券でCFD取引をはじめました。

ここまでやってきて、「低リスクで運用すれば、ちゃんと利益が出るな。」というのが感想です。 

それは、ぼくが9ヶ月で+90万円の利益を得ることができたから。 

この文章だけ読むと明らかに詐欺なので、画像も一応はっておきます。 

最終的な入金額の合計は、約160万円。

出典:GMOクリック証券

いまの口座残高は、約250万円。

出典:GMOクリック証券

元手160万円から、250万円まで増えました。 

もちろん、投資はリスクがつきもの。 

かならず利益が出るとは限りません。 

ぼくも損しながら、ここまできました。 

とはいえ、強制ロスカットされないようにリスク管理をしていけば、損失をおさえることは可能です。 

低リスクで運用すれば、利益が出る可能性は高いです。 

GMOクリック証券CFDのデメリット2つとメリット5つ【体験談】

GMOクリック証券でCFDをしてみて感じた、デメリット2つとメリット5つをお話しします。 

それが、こちら。 

デメリット 
①自動売買ではない
②ロスカットレートの変更が必要

メリット
①相場感が身につく
②アプリが使いやすい
③レバレッジを変えられる
④取扱銘柄が多い
⑤アラート機能が便利 

ひとつひとつお話ししていきますね。 

デメリット2つ

デメリットを2つお話しします。 

①自動売買ではない 

GMOクリック証券のCFDは、自動売買システムではありません。 

つまり、ひとつひとつ手動で取引することになります。 

ぼくはFXで自動売買ツールを利用していたので、最初は「手間がかかるなぁ」と感じてました。 

とはいえ、予約注文はできるので、慣れたら気になりません。 

いまでは、手動だからこそ”やってる感”があるので、楽しいです。 

予約注文も、10~20秒くらいでできるようになりました。 

また、手動だからこそ、”相場感”もつかめます。 

“相場感”については、メリットで具体的にお話ししますね。 

GMOクリック証券のCFDは、自動売買システムではありません。 

②ロスカットレートの変更が必要 

GMOクリック証券のCFDは、ロスカットレートの変更が必要です。 

これは、 GMOクリック証券の仕様によるもの。 

出典:GMOクリック証券

このシステムの流れをざっくり説明すると、こんな感じ。 

注文ごとに、自動的にロスカットレートを設定される

注文した銘柄の相場が、そのロスカットレートを割り込んだ

強制ロスカット 

このシステムを、ややこしいと感じてる人もいます。 

とはいえ、自動的に設定されたロスカットレートは、手動で変更することが可能。 

具体的なやり方は、↓の記事で説明しています。 

>>ロスカットレートの変更方法はコチラ 

この方法でロスカットレートを変更しておけば、相場が急変動したときも強制ロスカットを避けられます。 

GMOクリック証券のCFDは、ロスカットレートの変更が必要です。 

メリット5つ

メリットを5つお話しします。 

①相場感が身につく 

GMOクリック証券のCFDは、”相場感”が身につきます。 

なぜなら、自動売買じゃないから。 

“相場感”とは、その銘柄が、いま高いのか安いのかが判断できる感覚のことです。 

手動で取引を繰り返していると、自然と”相場感”が身につきます。 

「いまの価格は高すぎるから、注文せずに様子をみよう」 

「この価格なら、買った後にプラスになりそうだな」 

こんな感じです。 

もちろん、投資の相場がこの後どうなるかなんて、誰にもわかりません。 

買った直後に暴落する可能性だってあります。 

とはいえ、”相場感”があるのとないとでは、投資の成績がまったく違ってきます。 

“相場感”が身についていることに、越したことはありません。 

>>GMOクリック証券のCFD注文方法はコチラ

GMOクリック証券のCFDは、”相場感”が身につきます。 

②アプリが使いやすい 

GMOクリック証券のCFDは、専用のスマホアプリがとても使いやすいです。 

ホーム画面、チャート画面がみやすい。 

その日の損益や余力資金が、一目でわかります。 

出典:GMOクリック証券

チャート画面には、自分が注文したレートが表示されます。 

出典:GMOクリック証券

アプリの詳しいレビューは、↓の記事で説明しています。 

>>GMOクリック証券 CFDアプリのレビューはコチラ

GMOクリック証券のCFDは、専用のスマホアプリがとても使いやすいです。 

③レバレッジを変えられる 

GMOクリック証券のCFDは、レバレッジを自由に変えられます。 

なぜなら、”任意証拠金”という考え方があるから。

出典:GMOクリック証券

取引する銘柄ごとに、レバレッジは決まっています。 

しかし、この”任意証拠金”を増やすことで、レバレッジを低くすることができます。 

逆に”任意証拠金”を減らすことで、レバレッジを高くできます。 

これは、デメリット②で説明した”ロスカットレートの変更”と深くかかわっています。

出典:GMOクリック証券

レバレッジを低くすることが、低リスク運用のポイントです。 

もちろん、レバレッジを高くするほどハイリターンです。 

とはいえ、相場はどう動くかわかりません。 

運用しながら、あなた自身で最適なレバレッジを探してみましょう。 

GMOクリック証券のCFDは、レバレッジを自由に変えられます。 

④取扱銘柄が多い 

GMOクリック証券のCFDは、取扱銘柄が多いです。 

取扱銘柄の種類は、この4つ。 

  1. 株価指数CFD:全31種(日経、ダウ、その他ETFなど) 
  2. 商品CFD:全6種(金、銀、原油など) 
  3. バラエティCFD:全16種(VIX 、ハイレバ型 ETF、REIT型ETFなど) 
  4. 株式CFD:全80種(Amazon、テスラ、 Facebookなど) 

安定資産と呼ばれる、も取り扱いがあります。 

多すぎて迷っちゃいます。 

あなたに合う銘柄を見つけるのが楽しみですね。 

ぼくは、株価指数CFD(日経、FTSE100)と、商品CFD(銀)の2つを運用しています。 

GMOクリック証券のCFDは、取扱銘柄が多いです。 

⑤アラート機能が便利 

GMOクリック証券のCFDは、アラート機能が便利です。 

アラート機能とは、ロスカットになりそうな注文、期限が切れた注文を、メールでお知らせしてくれるシステムです。 

ロスカット前にお知らせしてくれれば、それから任意証拠金を追加してロスカットレートを変更できるので、強制ロスカットを避けられます。 

>>ロスカットアラートの設定方法はコチラ

期限が切れた注文をお知らせしてくれれば、すぐに再注文ができるので、利確チャンスを逃さずに済みます。 

>>注文失効(期限切れ)通知の設定方法はコチラ

ずっとチャートをみていれば、この機能は必要ないでしょう。 

とはいえ、そんなに暇じゃないはず。 

この機能にお任せしておけば、ずっとチャートを見てる必要もありません。 

GMOクリック証券のCFDは、アラート機能が便利です。 

【たった1分】自動売買に近い設定ができます

GMOクリック証券のCFDでは、自動売買に近い設定ができます。 

デメリット①で、自動売買ではないと説明しましたね。 

ただ、予約注文はできます。 

この予約注文を利用して、自動売買に近い設定ができます。 

やることは簡単。 

複数のIFD (イフダン) 注文”をするだけ。 

日経で具体例を説明します。 

いまの相場が29,000円とします。 

1セット目:28,900円買い→29,000円売り 

2セット目:29,000円買い→29,100円売り 

みたいに、100円幅のIFD注文を手動で仕掛けていくだけ。 

200円幅でもいいですよ。 

仕掛ける幅は、あなたの自由です。 

この作業、慣れれば1分もかかりません。 

自動売買の設定方法は、↓の記事でより詳しく説明しています。 

>>自動売買の設定方法はコチラ

「おれは裁量トレードするから関係ないね」と思ってるあなた。 

それはそれでOKです。 

とはいえ、自動売買を設定できれば、チャートとにらめっこする必要なし。 

なにより、余計な感情に邪魔されなくていい。 

裁量トレードだと、「もう少し上がるはず」と欲が出て、売るタイミングを逃しがち。 

自動売買なら、機械的に売買するから、この先の相場を考える必要なし。 

GMOクリック証券のCFDでは、自動売買に近い設定ができます。 

【カンタン】口座開設はたったの3ステップ

GMOクリック証券のCFD口座開設は、たったの3ステップ。 

↓のとおり。 

  1. 口座開設申込み(証券取引口座+CFD取引口座) 
  2. 本人確認書類提出(アップロード、郵送、ICカードリーダーのどれか) 
  3. GMOクリック証券からログイン情報の通知が届く 

たったこれだけ。 

より詳しい口座開設の手順は、↓の記事で説明しています。 

>>GMOクリック証券の口座開設方法はコチラ

GMOクリック証券のCFD口座開設は、たったの3ステップです。 

ということで、今回は以上です。 

GMOクリック証券CFDの、体験談をお話ししました。 

メリットばかりではありません。 

ただ、ぼくは実際に利益がでているので、 GMOクリック証券に満足しています。 

「これくらいのデメリットなら許せるな」と思えるなら、はじめてみるとイイでしょう。 

もちろん、投資にリスクはつきもの。 

とはいえ、リスク管理も含めて、投資は楽しいですよ。 

ぼくはこれからも、利益を積み上げて、どんどん資産を増やしていきます。

※ぼくがCFDで月10万円を稼げるようになってから、「あぁ…いつ会社を辞めても、生活できそうだな。」と思えるようになりました。いままで会社に縛られてたぼくの肩の荷がスーッと下りた感じです。おかげで、「いつでも辞められる!」って感じで無敵モード中です。

>>GMOクリック証券\CFD国内No.1シェア/

質問はお気軽に。コメント欄からどうぞ~。

Twitterでの質問もOKですよ。
 @HH01517770(アカウント名:ほま@節約×投資)

ほま

次回の記事でまたお会いしましょう

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

楽天節約&CFD投資で人生を変えた、32歳のサラリーマン。
「30代からの資産運用でもセミリタイアできる」を叶えるため、節約×投資で資産を増やしています。
夫婦で投資をはじめて、毎月不労所得をゲットしています。
夢はFIRE→マレーシア移住

コメント

コメントする

目次
閉じる