“北海原油”CFD│価格&運用資金の目安をまとめてみました

ほま

こんな疑問に、わかりやすく答えます♪

この記事でわかること

  • “北海原油”CFDの価格(GMOクリック証券)
  • 運用するために必要なお金
  • 1日3分だけでも時間が取れれば、運用できる

“北海原油”の価格と、運用資金っていくらくらい必要なのか知りたいな

昼間は仕事してるから時間がなかなか取れない。そんなぼくにも運用できるかな?

こんな悩みをかかえている、あなた。

そのお悩み、わかりやすく解決させていただきます。

結論、 “北海原油”の価格は、約4,300円(※レバ20倍 2021年9月30日 9:45時点の価格)

そして、1日たった3分だけでも時間が取れれば、運用できちゃう。

この記事では、”北海原油の価格&運用資金”、”忙しくても運用できる方法”についてお話ししていきます。

最後までご覧いただければ、”北海原油”の安さと運用方法がわかるので、すぐに買って不労所得をゲットしたくなるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

この記事を書いているぼく

ほまのプロフィール画像
目次

北海原油“の価格は約4,300円(※2021年9月30日時点)

 "北海原油"の価格は約17,000円(※2021年10月1日時点)

“北海原油”の価格は、約4,300円(※2021年9月30日 9:45時点 GMOクリック証券)

GMOクリック証券アプリ
出典:GMOクリック証券アプリ

GMOクリック証券で取引できる、ほかの商品CFDの価格は以下のとおり。

銘 柄価 格
北海原油4,300
WTI原油約4,100円
金スポット約9,600円
銀スポット約1,200円
コーン 約3,000円
大豆 約7,100円
天然ガス 約3,000円

※レバレッジ最大の時の価格
※2021年9月30日 9:45時点の価格
※100円未満切り捨て 

商品CFDの中で”北海原油”は、やや高めかな。

とはいえ、5,000円以下。

ちなみに、過去のチャートはこんな感じ。

GMOクリック証券 プラチナチャート
出典:GMOクリック証券 プラチナチャート

いまの価格(2021年9月30日 時点)は、わりと高めなんですね。

ということで、”北海原油”の価格は約4,300円(※2021年9月30日 9:45時点 GMOクリック証券)

“北海原油”の運用資金の目安をまとめてみた

米国NQ100ミニの運用資金の目安をまとめてみた

“北海原油”の、運用資金の目安をまとめてみました。

それが、以下の表。

北海原油 資金表

(参考)2021年9月30日 9:45時点

この表は、”半”自動売買をするときに使える、目安資金表です。

オレンジ色で塗りつぶされている額が、その設定値幅と想定下落額のときの、最低必要資金。

そのときのレートやCFD価格によってつねに変わるので、あくまで参考程度ですが。

そもそも、”半”自動売買ってなによ?」って思ったら、以下の記事をご覧ください。

運用資金表の見方をお話しします(画像つき)

表の一番左にある額は、現レートからの下落想定額。

6~40ドルの範囲で、5パターン用意しています。

北海原油 資金表

表の上にある額は 、”半”自動売買で注文する、値幅のこと。

0.5~2ドルの範囲で、3パターン用意してます。

北海原油 資金表

“想定下落額”と、”設定値幅”の組み合わせで、合計15パターンの最低必要資金を計算したのがこの表。

①損失合計額=含み損合計額

②取引証拠金=ポジションごとの証拠金の合計

最低必要資金=①損失合計額+②取引証拠金

具体例でさらにわかりやすくお話しします

具体例で、さらにわかりやすくお話しします

“設定値幅”2ドル、”下落額”10ドルとしましょう。

北海原油 資金表

78.1~68.1ドルまで2ドルごとに、”買→売”のIFD注文(イフダン)を予約。

その後、78.1→68.1ドルまで10ドル下落すると、下の図のように買の注文が6コ入ります。

北海原油 資金表の解説

①損失合計額(含み損合計)は、各ポジションを合計して30ドル。

取引数量、為替レートを基準に円換算すると、33,570円。

②取引証拠金(必要証拠金)は、各ポジションを合計して439ドル。

取引数量、レバレッジを基準に円換算すると、24,540円。

①+②=最低必要資金58,110円となります。

他のパターンも、同様の考え方でOK。

これであなたも、自分で表をつくれますね。

相場感“が身につく半自動売買

1日たった3分だけ時間が取れれば運用できます

1日たった3分だけ時間が取れれば運用できます

昼間は仕事してて時間が取れない。そんなぼくにも運用できるかな?

はい、できます。

なぜなら、”1日たった3分だけ“で運用できるから。

3分で何をするのか?

価格をみて、注文するだけ。

それを可能にするのが、“半”自動売買

“半”自動売買ですることは、以下のとおり。

  1. いくつかのIFD注文(イフダン)を予約
  2. 1日放置
  3. 翌日、注文が入ったかをみる
  4. 利確されてれば、再注文
  5. 利確されてなければ、また放置

これの、繰り返しです。

これなら1日3分くらいで、できそうじゃないですか?

仕事帰りの電車の中、家のトイレ中、いつでもOK。

1つの注文は、慣れれば15秒くらいでできます(金スポットの例)

1日たった3分だけ時間が取れれば、運用できちゃいます。

ということで、今回は以上です~。

ココまでのお話し、なんとなくわかりましたか?

カンタンに、おさらいしましょう。

  • “北海原油”の価格は約4,300円(※2021年9月30日 9:45時点)

  • 運用資金は”想定する下落額”と、”設定値幅”で計算できる

  • 1日たった3分で運用できる(“半”自動売買)

こんな感じです。

最後にもう一度、”北海原油”の目安資金表をのせておきます。

北海原油 資金表

この記事では、”北海原油の価格&運用資金 “、”忙しくても運用できる方法”についてお話ししてきました。

ココまでご覧いただいたあなたは、すでに”北海原油”の安さと運用資金がわかったので、すぐに買って不労所得をゲットしたくなったはずです。

ぜひ、運用してみてください。

いきなり運用するのはこわいな…」と思うなら、まずはデモ取引からはじめてみましょう。

質問はお気軽に。コメント欄からどうぞ~。

Twitterでの質問もOKですよ。
 @HH01517770(アカウント名:ほま@節約×投資)

ほま

次回の記事でまたお会いしましょう

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

楽天節約&CFD投資で人生を変えた、32歳のサラリーマン。
「30代からの資産運用でもセミリタイアできる」を叶えるため、節約×投資で資産を増やしています。
夫婦で投資をはじめて、毎月不労所得をゲットしています。
夢はFIRE→マレーシア移住

コメント

コメントする

目次
閉じる